2007年01月09日

mingle

mingle は「〜を混ぜる、〜を混ぜ合わせる、混ざる」という意味の英単語です。

「〜を混ぜる、混ざる」というと、mix という英単語を思い出しませんか?

mingle は、mix の類義語ですね。全く同じ意味ということはないですから、何か違いがあるはずですよね。

コウビルド英英辞典を見てみます。

mix: If two substances mix or if you mix one substance with another, you stir or shake them together, or combine them in some other way, so that they become a single substance.

mingle: If things such as sounds, smells, or feelings mingles, they become mixed together but are usually still recongnizable.


mix: もしも2つの物質が mixする、あるいはある物質を別の物質と mixすれば、それらの物質を一緒にかき回したり振ったり、あるいは別の方法で結びつけることになり、その結果1つの物質になる。

mingle: もしも音、におい、感情などが mingleすると、それらは一緒に混ざり合うが、たいていはまだ見分けがつく。

mix も mingle もAとBという成分を混ぜ合わせる、という意味は共通ですが、mix だとAとBの見分けがつかなくなりmingle だとAとBが見分けられる、ということなんですね。


Mix one measure of vinegar with one measure of soy sauce.
酢としょうゆを1対1の割合で混ぜてください。

Wild fantasies and reality are mingled in his mind.
彼の頭の中で妄想と現実が交錯している(混ざり合っている)。


posted by Eric at 19:48| Comment(50) | TrackBack(3) | m で始まる英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

explore

explore という英単語は「〜を調査する、〜を探検する」という意味です。
大学受験なんかでは、「〜を調査する」という意味でよく出ますね。

ex + plore と分解でき、ex は「」、plore は「叫ぶ、泣く」を意味するんですね。

「外」+「叫ぶ」でどうして「〜を調査する、〜を探検する」という意味になるのか。困っちゃいますよね。「外で叫ぶ」と「〜を調査する」が結びつきませんよね。

実は、この explore という単語は、ラテン語の explorare「〜を捜し出す」から来ており、このラテン語の元の意味が「猟の際、隠れている獲物を外におびき出すために叫ぶ」なんです。

ここに、「外」と「叫ぶ」が出てきますね。「猟の際、隠れている獲物をにおびき出すために叫ぶ」ですね。

「獲物を外におびき出すために叫ぶ」
   ↓
「獲物を捜し出す」
   ↓
「〜を捜し出す」
   ↓
「〜を調査する」
   ↓
「〜を探検する」

というように意味が広がっていったわけです。

explore = 「〜を調査する、〜を探検する」という意味が頭に残りましたか?
posted by Eric at 18:42| Comment(1) | TrackBack(0) | e で始まる英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

axis

この axis という英単語はラテン語から入ってきたそうです。ラテン語でもそのまま axis で使うようです。

Cobuild 英英辞典の定義はこうなっています。

An axis is an imaginary line through the middle of something.


「axis とは、ある物の中央を通る想像上の線のことである」


英和辞典では、「軸、中心線」などと訳されています。


第二次世界大戦時の日本・ドイツ・イタリアは枢軸国と呼ばれていましたが、英語で the Axis Country というんですね。


2002年にアメリカのブッシュ大統領が「悪の枢軸」発言をしました。そのときの発言が

States like these, and their terrorist allies, constitute an axis of evil, arming to threaten the peace of the world.

「こうした国々やテロリストの支援者たちが悪の枢軸をなし、武装して世界の平和を脅かしている」

です。

axis が使われていますね。


posted by Eric at 10:50| Comment(1) | TrackBack(0) | a で始まる英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

prudence

まずは Cobuild 英英辞典の定義から見てみましょう。

Prudence is care and good sense that someone shows when making a decision or takinga action.


「Prudence とは、決定を下したり、行動を取ったりする時に人が示す細心の注意や良識のことである」


いつもながら分かりやすい定義ですね。


ちなみに英和辞典には「思慮分別、用心深さ」などと書かれています。


prudence は、prudent「用心深い、分別のある」の名詞形で、ラテン語の provident(=foreseeing 先を見ること)から来ているそうです。

つまり、「物事を前もって見ること」から「注意してみること、用心して見ること」、そして「思慮分別、用心深さ」という意味になったんですね。

posted by Eric at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | p で始まる英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

ballot

この単語はイタリア語の ballotta から来ているらしいです。

色のついた球を投票の時に箱に入れたことから来ているらしいです。

= ball at

と考えると、覚えやすくなりますね。


コウビルド英英辞典から:
A ballot is a secret vote in which people select a candidate in an election, or express their opinion about something.


「ballotとは、選挙で人々が候補者を選んだり、何かについて意見を表す際の秘密の投票のことである」


なるほどね、分かりやすい定義ですね。

posted by Eric at 21:38| Comment(1) | TrackBack(1) | b で始まる英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。